薬剤師の求人サイトを活用してドラッグストアに就職できた嬉しい経験

国家資格を取得して憧れの薬剤師に

子供の頃から薬剤師に憧れを持つようになり、病院などに行った際には、スピーディーで笑顔で対応してくれた職員の方などを見て、将来的に薬剤師として活躍することを考えるようになりました。
私の場合では親からも安定している職業として推奨されることもあって、学生時代には猛勉強を行って薬学部に進むことができました。
学生生活も非常に順調で、国家資格を取得することができ、卒業する際には夢だった薬剤師の仕事に就くことができました。
当初働いた場所は普通の総合病院になり、大きな病院になるのでスタッフの方の人数も15人を超える規模を誇っていました。
勤務に関しては病棟を持っている病院なので、24時間をシフト制として働くことが必要になり、夜間であっても直ぐに対応できる体制を持っていたことが大きな特徴です。
私はこの病院で仕事に対するノウハウを身に付けることができ、処方箋を見て間違いなく薬を提供する内容、薬の用法などを把握する内容、患者さんに対して一定のコミュニケーションをとりながら上手に対応する内容などがメインになり、約4年間の経験を積んだ際には、何ら不自由なく勤務をすることができるようになりました。
しかし、4年が過ぎたあたりから、もっと明るい環境で仕事をすることを希望するようになりました。
その原因としては、病院勤務の場合では限られた空間で1日を過ごすことが基本になるので、スタッフの方々とはコミュニケーションをとることもありましたが、毎日が同じ業務の連続で飽きが来てしまったことも事実になります。

国家資格を取得して憧れの薬剤師にワークライフバランスを重視した転職に成功